ごみ屋敷
ピアノ

リサイクルの気持ちによって屋敷が作られる

段ボール

ゴミ屋敷の周辺の地価について

トラック

ゴミ屋敷はゴミが蓄積されてできていく

廃棄物

ゴミ屋敷について

リサイクルの気持ちによって屋敷が作られる

ピアノ

人々の中には、物に対して勿体ないという感覚を抱く方々も見られます。
考えてみれば毎日捨てる物品の中には、もしかするとリサイクル可能な物もあるかもしれません。何気なく捨てる物品を上手く工夫する事によって、まだまだ使い回せる可能性もあるのです。
実際確かに工夫次第で、物を使い回せる可能性はあります。ただその勿体ないという感覚も、やはり個人差があるのですね。中にはその感覚が、かなり強い方も居るのです。
例えば街で、何かが廃棄処分されているとします。それでリサイクル可能なように見えて、とても勿体ないと感じる方も、たまに居るのですね。そのまま放置するのも少し勿体ないので、自宅に持ち帰ってしまう方々が見られます。
しかもその持ち帰りが、人によっては継続されるのですね。1回だけ持ち帰るのではなく、1週間や数日に1回ほどごみ箱などから回収してしまう方もいますし、中には毎日持ち帰ってしまう事例もあります。
それが積み重なってしまうと、やはり建物の中はゴミだらけになる訳です。最終的に、ゴミ屋敷が作られてしまうのですね。
自宅に持ち帰っても、リサイクルできれば問題は無いですね。しかしリサイクルする技術が無いにもかかわらず持ち帰って、屋敷が完成してしまうケースも実は意外と多いです。